20代で薄毛の兆候が!?これからすべき対策って??

薄毛の兆候

20代で薄毛になりはじめた時に感じたその兆候とは!?

20代の後半から薄毛に悩んで数年経ちます。今となっては薄毛の兆候に気づいたその瞬間から何か対策をしておけばよかったと後悔しています。自分が薄毛になるとは思ってもいなかったのですが、なってみると毎日心配で仕方なくなってそれがかなりストレスでした。

 

 

 

薄毛の兆候@髪型がなかなか決まらない・・

 

今思うとですが、髪型がなかなか決まらなかったことが薄毛の兆候だったかもしれないと思います。朝の忙しい時間でワックスを使ってセットをしていたのですが、いつもよりも時間がかかってもなかなか決まらないということがありました。

 

だいたいいつも決まったヘアースタイルなのでたいてい決まった時間でセット完了するのですが全然ダメで、ワックスを変えてみたりとしましたがそれでも変わりませんでした。髪のハリや本数がもしかしたら気づかぬうちに減っていてそんなことになっていたのかもしれません。

 

薄毛の兆候Aおでこの髪の生え際がちょっと上に上がった??

 

次に感じたことは鏡を見ていて前髪の生え際部分が上に上がったような感じがしたことです。髪の毛を切ったからかな??とも一瞬思いましたが、髪の毛を切る時は毛根からごっそり切るわけでは無いので基本的には生え際の位置は変わりません。なのに少し上がった気がしたという点が薄毛の兆候だったのかもしれません。

 

薄毛の兆候B髪が水にぬれた状態で頭皮が目立つ・・?

 

髪の毛を洗って乾く前の髪がぺちゃっとしていることに加えて、頭皮が目立つということがありました。水にぬれればみんなこうなるでしょ??ぐらいにしか考えていなかったのですが今思うとこれも兆候の1つだったのかもしれません。

 

兆候があったら早めに対策を!

 

自分が薄毛に・・??というのはちょっと認めたくない気持ちもありました。ただ早めに専門機関で状態を見てもらって対策をしていくことが本当は良かったのかもしれません。とはいえその当時の僕はまだ20代後半ということもあってそこまで大金を使うことが出来ませんでした。

 

 

 

なのでおそらく市販の育毛剤を使ってなんとかしようとしたと思いますが、その当時から早めに育毛剤などを使っていれば薄毛の進行の程度も変わったのかなと後悔しています。あやしいと思ったらまずはカウンセリングなど受け、自分にあった対策を見つけることが大切だと思います。カウンセリングは無料で行ってくれる専門機関もあります。恥ずかしさとかは置いておいてとりあえず受診してみると少しだけストレスも減ります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ